読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社員のための雑学ハック

Web・末端会社員としての働き方・経済・文化等、「半径3m以内の事」を考えるブログです。ー雑学:多方面にわたるまとまりのない知識や学問。また、学問とは関係のない雑多な知識。

喫煙のメリットを考えてみた

暮らしの気づき

喫煙は現代において、その個人にとってメリットよりもデメリットの方が上回っていると思う。
このことを100回まず言ってから、しかし。と思う。



喫煙者にとってのメリットを考える

筒井康隆の「最後の喫煙者」は1987年に書かれた小説であるが、この中で喫煙者は迫害に次ぐ迫害を受けている。それでも喫煙をし続ける最後の喫煙者を書いた作品であるが、約30年前のその時代の喫煙者を取り巻く環境は分からないが、徐々にこのようになってきていると感じる。時代の流れで必然ではあると思うが、タバコをすぐやめろ!といったCMや書籍等も多く、非常に喫煙者への圧力があると感じる。その際、デメリットしか提示しないと、客観性を欠き、主張が受け入れられないのではないかと感じている。そこで、メリットをあえて考察してみたい。

医療費等の増大や、受動喫煙など税収による社会的なメリットよりも社会的にデメリットが大きいと言われており、喫煙による疾病はCOPD・肺がん等の呼吸器疾患・歯科疾患を引き起こすことは現代において常識になっている。

個人的・社会的にも大きくデメリットのみが伝えられている喫煙であるが、メリットがない訳では決して無いと思う。今回はデメリットばかり取り上げられる喫煙の、メリットを個人的に考えてみた。

なお、私は喫煙を辞めており嫌煙派でもないのだが、非喫煙者であるので、受動喫煙は0にしたいし、特に歩きタバコは辞めてほしいと考えている一人の非喫煙者である。その私が考える喫煙のメリットを挙げてみる。



「愛煙家」コミュニティに属せる

喫煙者にとっての一番のメリットはこれなのではないかと思う。現代において、嫌煙が広がる中、喫煙者の多くは迫害されているような気持ちで喫煙をしている。その分、結束というのか、愛煙家同士の関係が築きやすくなっているように感じる。

私だけかも知れないが空港や駅の喫煙所など、非常に狭い空間に閉じ込められて喫煙をする者達の間で、会話こそないが、喫煙をしていた頃は親近感を感じていた。また友人・会社関係の方と外出する時でも、その中に喫煙者がいる場合は「一服しましょう」と声をかけることができ、喫煙をしながら話し、より仲が深まったという経験も喫煙者の方々なら分かっていただけるであろう。

喫煙の一番のメリットは、喫煙を通じての人間関係の構築なのではないかと思う。


喫煙者への振る舞いが分かる
目上の方々と接する時に感じた喫煙経験のメリットとしては、行動が読めるということがあった。今はタバコを吸っていないのだが、取引先・上司等、喫煙されている目上の方と行動する際は、1時間に1回は喫煙所の近くに行くことや、事前に目的地周辺の喫煙所を調べておくことによって、円滑に人間関係が築けたように思う。

喫煙をしたことがないことは素晴らしいことだと思うし、健康状態も喫煙者に比べ良いと思うが、中々喫煙者に対する配慮は難しいように感じる(分かっている非喫煙者ももちろんいるし、喫煙者によってケースバイケースであるが)。

ご飯を食べた後に喫煙をする際も吸える所が無いのでお店で終わった後吸うケースも多いが、実は煙が充満する屋内よりも野外の喫煙所で吸いたいといったことや、風呂に入った後や歯を磨いた後、無性に吸いたくなるケースも多いこと等は、喫煙経験が無いと意外と気づかない点であったかもな、と今は思う。

目上の喫煙者に対する振る舞いという点において、喫煙者であった・喫煙者であることはメリットになり得ると考えている。


タバコの話しが出来る
最近は細いタバコや、電子タバコの台頭などによって、様々な種類のタバコが一般的になりつつある。また、コンビニにおいてあるようなタバコでも100種類を超えていたりと、種類も多く好みが分かれる趣向品である。

相手がどのようなタバコを吸っているのか、それがどのようなものなのかという話題は、初対面の人との話題の一つになり、仕事の話しの前にこのような話題を挟むこともあり、そのタバコを選んだ理由等は人間性を表していることも多く、スムーズに仕事の話しが出来ることも多い。喫煙が役に立っている一つであると言える。


メリットを紹介したが・・・
タバコを辞めた今考えたメリットは以上の3つである。よく言われている、ストレス解消など一般的な会社員にはメリットにならないのではないかと思う。一日会社に缶詰の際に嫌煙家が近くに居たりすると吸えないケースもあり、吸えないストレスの方が上回ったり、愛のむきだしのような長い映画は映画館で見ると集中できないなどがあり、ストレス解消や、心の休憩等、よく言われるメリットは社会生活においてはデメリットの方が上回っているのではないかと思い、メリットには挙げなかった。

一方でデメリットは無数に挙げられる。それらは、2chや小町で大量に書かれているので記載しないが、喫煙時代気になっていた口臭・服や髪の臭いよりも(ケアする人も多いので)、喫煙者の方の人指し指と中指のタバコ臭が気になる(気にさせる)点がタバコを辞めて気がついたデメリットである。COPD等、辞めても元に戻らない不可逆な疾患を招く喫煙はデメリットの方が上回ると考えているが、現代の喫煙バッシングに、それだけではないのでは。と思いこの記事を書いた。ただ奥田民生の喫煙姿はかっこいい。