読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社員のための雑学ハック

Web・末端会社員としての働き方・経済・文化等、「半径3m以内の事」を考えるブログです。ー雑学:多方面にわたるまとまりのない知識や学問。また、学問とは関係のない雑多な知識。

ゴルフ離れは最先端?デキない若者がゴルフをしない5つの理由

なぜ、仕事が絡んだゴルフをしなくなったのかを語りたい

f:id:zatsuhack:20151213141240j:plain

 

<元ネタはこの記事から。まずはこちらをお読み頂けるとより一層楽しめます>

 ゴルフ歴は数年になる。入社当初は最初のボーナスでゴルフクラブを購入し、コースにも1年で10回に満たないほどだが、プレイした。その後も数年ゴルフを続けたが、今年「もういいか...」と思い、仕事がらみのゴルフ引退を決意した。

 

 引退のコンペでは、120のベストスコアを更新し、有終の美を飾ることが出来た。終止、走りっぱなしのプレイスタイルは根強いファンもいたが、引退式では「ふざけるな」「ブービーメイカーが次の幹事なのに引退するとは何事だ」といった罵声が飛び交う結果となった。

 

 「ビジネスマンにとって、ゴルフは英語と並ぶ必須ツール」とされている。その必須ツールをなぜ捨てたのかを記載したい。余談だが、英語もまったくできないため、必須ツールを一つも持っていない、デキない若者だということは明記しておきたい。

 

休日ゴルフが自己投資ではない5つの理由

 トップ営業マンは「ゴルフは自己投資」だと考えているという。私はそうは思わない。トップ営業マンではないからだ。

 

1.相手との信頼関係を傷つける

 顧客や上司とプライベートな話が出来る機会は貴重である。ゴルフで同じ組になることが出来れば、相手との距離も縮まるだろう。と思っていた。が私は信頼関係を傷つけることとなった。

 これには大きく2つの理由があると感じる

 

1.細かいマナーを学ぶ場が意外とない

 若手社員でゴルフをやっている人口は私の周りで少ない。中堅になるとより減って(子供が小さかったり、家庭を重視するようになる)、ベテランが多数派となる。

 顧客と一緒にコンペに行く際には、マナーの学習が必須であるが、この人口分布の場合、実はあまり教えてもらう機会が少ないと感じた。

 

 ベテラン社員は「今の時代に若者がゴルフをやるだけでも偉い、故にぐちぐち言わない方が良い」と思っていることが多く、若手としてはマナーを教えて欲しいのだが「好きなようにやれ」と言われるとマナーの習得が難しくなる。中堅社員に聞くとポイントを非常に分かりやすく教えてくれることが多いのだが、時代の流れからか一緒にならないことも多い。

 インターネットでもマナーを学ぶことが出来るが、実際に若手が行うべき手段については意外と書かれていないことが多い。私の感じた若手社員の鉄則を書いて見たいと思う。

私の感じた若手社員の為のゴルフマナーの鉄則
  1. とにかく走れ!(グリーン以外)
  2. 不安だからって、人の番手を聞くな!
  3. 常に7、サンド、ピッチング、パターを持っていろ
  4. ボールは5個くらい持ってろ
  5. 「ナイスショット」ではなく「おー!」と言っておけばよい
  6. スコアが悪くてもいいから「絶対に」途中でクラブだけは忘れるな

等がある。これは、今後詳しく別の記事にしてみたい。

 

2.人のアドバイス通りにプレー出来ない

 顧客との信頼関係を傷つけて(泣く程怒られて)マナーを学べてマナーをクリアできた。だが、私はゴルフのセンスが無かった。スコアが悪いと、年上の方々はありがたいアドバイスをくれることが多々ある。これは取引先かどうかというよりも、その人の性格によるものであるだろう。

 例えば「脇を閉めて」「腕を曲げない」「ボールに近づく」など無数に言われたが、意識しすぎて全く前にボールが飛んでいかない。となると、アドバイスした方は「出来ないヤツ」である烙印を押そうとする傾向がある。アドバイスが悪いとはならない。なぜならその人の方がスコアが良いからだ。

 故に、人のアドバイスを実行できないとせっかく休日を潰したのに「出来ないヤツ」という烙印を押され、信頼関係を毀損する可能性がある。

 

 一番避けるべき、信頼関係を損ねることを回避するには、練習が必要だ。つまり、時間と金の「投資」が必要なのだ。

 その投資のリターンが果たして、見合うものなのかこれから考えていく。

 

2.忙しい人と話せるが、その後会わないし、失敗は許されない

f:id:zatsuhack:20151213141342j:plain

 メリットかデメリットかと言われれば、「メリット」になるこの項目だが、若手社員にとって意味があるかどうかは別である。

 決定権を持つ人物と話すことが出来る意味では非常に貴重である。が、その後会う機会が無いことが多い。普段会わない人とは、その後も会わない。ただ後々のことを考えると、有益かも知れない。

 

 しかし、その一方で「失敗は許されない」というプレッシャーが非常に大きくなる。決定権を持つ人物の前で失敗してしまうと、今後の取引に非常に大きな悪影響を及ぼす。私は一つの取引を停止させた。

 

 

3.ビジネス交流会でだけでは会えない人にも「会える」

f:id:zatsuhack:20151213141529j:plain

 会うだけだ。

 

 同じ組になれなければ、その後発展することはあまりない。名刺交換のみで名刺が溜まって行くだけだ。ただし継続的にその人がくる場合であれば、有益性はあるかも知れない。

 プライベートとビジネスを別にしたい人からは「ここで営業かけてくるなよ」と思われないようにしなければならない。その見極めが出来れば、有益だろう。

 私はプライベートにも関わらず名刺交換を迫って行って、邪見に扱われた人を見たがそれでもメリットになり得るのだろうか。

 

 

4.仕事に役立つコミュニケーションが身に付く「休日活動」

 もはや休日ではない。無給研修だ。

 

無償の研修と捉えなければこれが、メリットにはならない。

 朝、5時に起きて家に着くのは日が落ちてから。謎の焼きそばを食べた煮え切らない空腹感で帰ってきて、もう一日が終わる。経費でなければ最低でも1万の出費がある。貰えるのではなくお金を払う、休日活動で「コミュニケーション力」を付けたい人にとってはメリットだろう。

 私は、別にいい。

 

 

5.プレッシャーに負け、心が折れた状態で帰宅

f:id:zatsuhack:20151213141626j:plain

仕事でのプレッシャーに弱い人にとっても、ゴルフは良い訓練の場になるようです。「ゴルフは一緒に周っている人や後続の人たちに迷惑をかけないために、1打ごとにプレッシャーに晒されながら行うことになります。ゴルフはメンタルが重要なスポーツなのです」

  地獄だよね

 

プレーが下手な場合、プレッシャー+技術的な問題で人に迷惑をかけることとなる。

 

 迷惑をかけまいとショートカットを狙った一打でプレッシャーに負け、迷惑をかけ続けて疲弊。帰りの車で、宴会の準備のために入れなかったお風呂のことを思いながら、パーキングで仮眠して、帰宅。乗り合いで帰る場合は、先輩との中、睡眠との戦いという地獄が待っている。

 これでメンタルが鍛えられるというのは戸塚ヨットスクール的思想だと思う

 

 

ゴルフは遊びとして面白いが、金持ちの道楽

 まともにプレーが出来るまでには、金と時間がかかりすぎるスポーツである。ただ、プライベートの遊びとしては面白いのだ。

 仕事が絡んだゴルフをオススメしない理由としては、「周りの若手もゴルフ離れによって、気軽に教えを乞える人が少ない」「バブルではない景気の中、投資(時間と金)に見合ったリターンがあるのか」「休みの日くらい、休ませてくれ」である。

 周りの人もみんなやっていて、給料も高く、日常のストレスがほとんど無い人であれば、仕事でのゴルフは有益かも知れない。また大口顧客とのクローズなコンペは有益であることが多いが、関係性強化の意味では若手社員にとって金と時間がかかるゴルフで無くても良いのではないか?と思う。好きな人が多いのが、ゴルフの厄介なところだ。

 

<この記事を読んだ人はこちらもオススメです>